戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆内町沢(うちまちざわ)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「田代岳」(昭和39.1)および地理調査所発行の同地形図「碇ヶ關」(昭和22.1)を使用したものである

所在:大館市岩瀬(いわせ)字内町沢
地形図:越山/田代岳 白沢/碇ヶ関
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約200m〜
訪問:2016年5月

 

 大字岩瀬の中部、岩瀬川支流の内町沢沿いにある
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で
繋沢と併せ昭和20年から30年にかけて10戸が入植したとのこと
 また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、入植は3戸。すべて岩瀬地区の出身。
 町史によると、入植は昭和20年4戸(町の開拓綴からの引用)。
 いずれの資料も繋沢と一括で取り扱っており、別個での離村時期は不明。
 現在は山林や植林地になっており、屋敷跡や農地跡も判然としない。上流の標高約230mの辺りには、何かの建物が1棟残る(写真5)。

 


写真1 内町林道

写真2 道沿いの風景

写真3 同

写真4 平坦地

写真5 何かの建物

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ