戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆高岱(たかだい)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「田代岳」(昭和39.1)を使用したものである

所在:大館市岩瀬(いわせ)字大川目元渡(おおかわめもとわたり)
地形図:越山/田代岳
異表記:大淵岱開拓
形態:谷沿いの斜面に家屋が散らばる
標高:250m前後
訪問:2016年5月

 

 大字岩瀬の西部にある。岩瀬川とその支流の板沢に挟まれた山中にある
 
資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和22年から32年にかけて21戸が入植したとのこと(「大淵岱地区」での表記)。和牛・畑作の営農を行っていたが、立地条件の悪さから昭和43年に当時の13戸全戸が離農(※)
 また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、入植は19戸。離村は昭和44年。著者による取材では、入植は昭和27年に6戸・同29年に7戸・同31年に6戸と3回に亘り行われ、町内の次男・三男であったという。大豆・小豆・陸稲などを栽培しのち和牛を導入したが、作物の収穫は漸減。出稼ぎに頼るようになる。昭和43年に開拓農協組合を解散、同44年に13戸全戸の離村に至った

 現在はほとんどが植林地。『開拓村の〜』に掲載されている写真の「家屋跡」の建物は、朽ちながらも残っている(写真2)。上流部には雨池牧場(写真5)があるが、ここは集落外。

※ 同書でいう「離農」は、離村を指すものではなく耕作の放棄を意味するもの

 


写真1 道と植林地

写真2 建物

写真3 写真2脇のサイロ

写真4 屋敷跡?

写真5 牧場

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ