戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆戸草沢(とくさざわ)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「鷹巣」(昭和42.9)を使用したものである

在:北秋田市綴子(つづれこ)
地形図:藤琴/鷹巣
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
標高:約100m

訪問:2016年5

 

 大字綴子の西部、綴子川の右岸支流沿いにある
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和29年に5戸が入植。刊行時(昭和48)で既に通い耕作となっているとあり、定住者がないことが窺える。なお昭和44年度に開田に成功している模様。
  また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、入植者は近辺集落の次男三男。当初は大豆・小豆・陸稲が主体であった。移転は昭和40年。刊行当時(平成17年)で、1組の通い耕作者があった

 現在は耕作も放棄され、耕作者や『消えた〜』の著者が利用したと思われる車道(県道200号線から分岐し、集落のある谷を北上するもの)も著しく荒廃。改めて北側の支流より、地図上では破線となっている道(写真1)をたどり現地に到着。『消えた〜』に写真が掲載されている「空き家」は、現在も残っている(写真2)。最近の地図では集落の周囲に畑の記号が記されているが、実際は荒地や植林地。

 


写真1 集落への道(集落東側からのもの)

写真2 家屋

写真3 平坦地

写真4 平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ