戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆森吉(もりよし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「米内澤」(昭和29.3)を使用したものである

所在:北秋田市森吉(もりよし)
地形図:阿仁前田/米内沢 太平湖/大葛
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約150m(水面は約150m)
離村の背景:ダム建設

訪問:2016年5月

 

 大字森吉の西部、小又(こまた)川(阿仁(あに)川支流)沿いにある。現在は森吉山ダムの人造湖(森吉四季美(―しきみ)湖)にほぼ水没。
 資料『森吉山ダムのふるさと』『ダムに沈む「むら」』および『秋田・消えた村の記録』によると、平成3年から5年にかけ森吉山ダム建設により50戸(吉田33・播磨9・石川2・大塚1・黒沢1・斉藤1・森川1・山田1・渡辺1の各家)(※)が離村したとのこと
 集落跡のごく一部は水没を免れているが、現地は未踏査。
天津場付近には天津場と併せた集落の絵地図の碑(写真2)があり、往時の家々の分布の様子が窺える。これによると、駐在所・郵便局・保育所・営林署の事務所・複数の商店・工場などがありこの一帯の中心部であったことが窺える。なお集落内にあった石仏・石塔類は向様田付近にある十四合同神社に集められ、他の集落の石造物とともに並べられている(写真
3-5)
 なお手持ちの古い地形図(上の地図画像)では当地に学校の記号が記されているが、碑や1970年代の航空写真を見ると天津場の集落内と考えるのが妥当か。

※ 本文では56戸だが、天津場の戸数が含まれている

 


写真1 集落跡付近(手前岸)

写真2 碑

写真3 祠と石造物(十四合同神社にて)

写真4 石塔(同)

写真5 石仏(同)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ