戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆天津場(あまつば)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「米内澤」(昭和29.3)を使用したものである

所在:北秋田市森吉(もりよし)
地形図:阿仁前田/米内沢
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約150m(水面は約150m)
離村の背景:ダム建設

訪問:2016年5月

 

 大字森吉の西部、小又(こまた)川(阿仁(あに)川支流)沿いにある。現在は森吉山ダムの人造湖(森吉四季美(―しきみ)湖)に水没。
 資料『森吉山ダムのふるさと』『ダムに沈む「むら」』および『秋田・消えた村の記録』によると、平成3年から5年にかけ森吉山ダム建設により離村
。かつては森吉小学校(明治11年開設、平成4年閉校)および中学校があった。現地の碑によると、吉田家5・三上家1の計6戸とがあったよう。
 『阿仁合町郷土誌』によると、村の始まりは貞享2(1685)年。森吉の支村。
 集落は多くが水没。現地は未踏査。右岸の道路沿いには森吉と併せた集落の絵地図の碑(写真2)があり、往時の家々の分布の様子が窺える。また
向様田付近にある十四合同神社にはダム建設に伴い離村した各集落の石仏・石塔類や祠が集められおり、ここには「天津場」と刻まれた祠が1つ置かれている(写真3)。

 


写真1 集落跡付近(向かって左岸)

写真2 碑。左下の人家の集まりが天津場 。横L字型の建物は学校

写真3 祠と石造物(十四合同神社にて)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ