戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆湯ノ岱(ゆのたい)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大葛」(昭和29.7)を使用したものである

所在:北秋田市森吉(もりよし)
地形図:太平湖/大葛
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約270m(水面は約150m)
離村の背景:ダム建設

訪問:2016年5月

 

 大字森吉の中部北寄り、小又(こまた)川(阿仁(あに)川支流)沿いにある
 資料『森吉山ダムのふるさと』『ダムに沈む「むら」』および『秋田・消えた村の記録』によると、平成3年から5年にかけ森吉山ダム建設により7戸(大川4・須藤1・杣1・吉田1の各家)が離村したとのこと
。かつては湯ノ岱小学校(昭和11年開校、同46年閉校)および中学校があった。
 『阿仁合町郷土誌』によると、村の始まりは享保5(1720)年。森吉の支村。
 当地はダム湖よりも上流にあり水没を免れている。人家の痕跡は確認できないが、集落内には国民宿舎(森吉山荘。写真2)があり、対岸には湯ノ沢温泉が湧出し温泉旅館も営業中。国民宿舎の土地はかつて湯ノ岱小学校および中学校(昭和46年閉校)があった場所で、敷地内には校歌の碑(写真3)が置かれている。
また集落内には集落の絵地図の碑(写真4)があり、往時の家々の分布の様子が窺える。また集落内にあった石仏・石塔類は向様田付近にある十四合同神社に集められ、他の集落の石造物とともに並べられている(写真5・6)

 


写真1 集落風景

写真2 国民宿舎

写真3 写真2敷地内の校歌の碑

写真4 碑

写真5 祠と石仏(以下十四合同神社にて)

写真6 石仏

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ