戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆西又(にしまた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「森岳」(昭和29.7)を使用したものである

在:三種町上岩川(かみいわかわ)
地形図:小又口/森岳
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:移転事業

標高:西又―約60m 奥西又―約70m

訪問:2016年5

 

 大字上岩川の南西部、西又川(三種川支流)沿いにある。下流の「西又」と、上流の「奥西又」の小集落に分かれる。
 資料『秋田・消えた村の記録』によると、戦後最盛時12戸(加藤7・松田5の各家)。昭和40年代前半に2戸が転出し、のち集落再編成事業により昭和47年に残る10戸が転出したとのこと。
 また町郷土誌によると、集落の起源は宝永年間(1704-10)、勝平村からの移住者があったことによるという。刊行当時(昭和45年)10戸52人。
 現在でも西又・奥西又ともに水田の耕作が行われ、いくらかの建物も残されている。奥西又には加羅陀仏神社(写真9)があり、加藤・松田といった名が見られた。鳥居から社殿までは長い山道が続く。

 

≪西又≫

写真1 道と家屋

写真2 水田
≪奥西又≫

写真3 道路沿いの風景

写真4 水田

写真5 屋敷跡

写真6 屋敷跡?

写真7 墓地跡?

写真8 神社・鳥居

写真9 神社・社殿

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ