戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆白山(しろやま)

在:鹿角市十和田大湯(とわだおおゆ)
地形図:小坂鉱山/十和田湖
形態:緩い尾根上に家屋が集まる
標高:約380m

訪問:2016年5

 

 大字大湯の中部寄り、中屋布川(大湯川支流)右岸側の山中にある
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和26年地元からの2戸が入植。雑穀主体の営農をしていたが、成功に至らず昭和37年に離農。「掘内地区」の表記だが、堀内(ほりない)の誤記か。
 資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、入植者は湯瀬(堀内出身)・阿部(大湯出身)の両氏。大豆・小豆等を栽培したが、年々収穫量が減り湯瀬氏は営林署の仕事、阿部氏は製炭に頼るようになっていったよう。移転は昭和37年。

 現在は植林地となり集落の様相は見られない。集落北東には円筒状の遺構(写真2)が残り、人の営みがあったことを僅かに窺わせる。

 


写真1 集落風景

写真2 遺構

写真3

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ