戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小又沢(こまたさわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「花輪」(昭和29.3)を使用したものである

在:鹿角市十和田大湯(とわだおおゆ)
地形図:犬吠森/花輪
形態:川の合流部
標高:約280m

訪問:2016年5

 

 大字大湯の南部、安久谷(あくや)川と小又沢川の合流部付近にある
 県内の無住となった集落を網羅した資料『秋田・消えた村の記録』には記載がなく、当地に常住の世帯が存在していたかは不明。
 現地は安久谷川沿いの車道と小又沢林道の分岐付近。ある程度の平坦地が広がり僅かに何かの遺構があるが、林業の拠点か何かであったのだろうか。
 「角川」の小字一覧にも字名としての記載があり、「コマタサハ」のルビがある。

 


写真1 小又橋

写真2 小又沢林道

写真3 平坦地

写真4 遺構

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ