戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上新田(かみしんでん)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大館」(昭和30.3)を使用したものである

所在:鹿角市尾去沢(おさりざわ)
地形図:十二所/大館
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約200m

訪問:2016年5月

 

 大字尾去沢の中部西寄り、別所川上流部(=新田沢川。米代(よねしろ)川支流)沿いにある
 資料『秋田・消えた村の記録』によると、戦後8戸(奈良3・川村・佐藤各2・石井1の各氏)。多い時では11戸あったよう。昭和63年に最後の1世帯が転出し無住となったとのこと。転出先は尾去沢地内が多い。刊行当時(平成9)で3戸が水田の通い耕作をしている。
 また資料『花輪・尾去沢の民俗』によると、尾去沢鉱山の操業時には鉱員長屋が6、7棟とその共同浴場が置かれていたという。ほか一般住宅の人々も鉱山で働きながら田畑の耕作や炭焼きを行っていたよう。「昭和の初期頃、上新田の長屋は城山に移転。残っていた私宅も昭和六十四年頃人住まず消滅」とのこと。
 現在でも通い耕作は行われているが、建物の類は少ない。神社は稲荷大明神。

 


写真1 水田

写真2 屋敷跡

写真3 墓地

写真4 神社・鳥居。奥に社殿

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ