戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上尾駮(かみおぶち)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「平沼」(昭和41.9)を使用したものである

所在:六ヶ所村尾駮(おぶち)
地形図:戸鎖/平沼
形態:平坦地に家屋が集まる
標高:約40m
訪問:2016年5月

 

 大字尾駮の中部北寄り、尾駮沼の北岸にある。村の中心部より、西におよそ2qほど。現在の日本原燃株式会社の敷地内に当たる。
 以下は村史より、当地の戸口の推移。

  昭和35 昭和40 昭和45 昭和50 昭和55 昭和60 平成2
戸数

14

12 15
人口

90

67 52

 弘前大学農学生命学部学術報告「むつ小川原開発計画と地域農業 集落構造の視点から」によると、昭和31年に開始された北部上北機械開墾事業(※)により入植した集落であるとのこと。全員が村内の出身者。

 日本原燃の濃縮危機製造工場の敷地内にある道は集落に通じるかつての道路で、工場より西に800mほどの場所に集落があった。
 
なお聞き取りの際のアクセントは、「カ」と「オ」の2箇所

※ 人力中心であった従来の方法と異なり、機械により短期間に農地の造成を行い営農の安定化を図るもの

 

 

◆◆写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ