戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆鴻之舞(こうのまい)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「鴻ノ舞」(昭和47.5)を使用したものである

在:本文参照
地形図:立牛岳/丸瀬布北部
形態:川沿いに家屋や施設が多数集まる

離村の背景:産業の衰退
標高:160m前後
訪問:2012年6月・2013年6月

 

 市の東部、藻鼈(もべつ)川沿いにある。鴻之舞鉱山に伴う鉱山集落。北側(下流)より栄町(さかえまち)・末広町(すえひろちょう)・住吉町(すみよしちょう)・元町(もとまち)・喜楽町(きらくちょう)・旭町(あさひまち)・金竜町(きんりゅうちょう)・泉町(いずみちょう)の街区(いずれも独立した行政字)に細分され、それ以外の山地は字鴻之舞となる。
 鴻之舞鉱山は、大正5年5月(※)から昭和48年5月にかけ、現・住友金属鉱山株式会社による経営が行われた。主に金・銀などを産出。金は日本一の生産量を記録したこともある。
 「角川」によると、地名の由来はアイヌ語の「クオノマイ」(機弓を置くところ)。漢字表記は、大正5年、当時の鉱山長(吉田氏)が「元山大露頭から藻別の山々を見れば、その雄大さはまさに鳥の王たる鴻がまうがごとし。よって山名を鴻之舞とする」としたことによる。昭和35年鴻之舞地域で1,334戸6,742人。閉山時272戸900人。
 市史によると、鴻之舞小学校・鴻之舞中学校閉校は昭和48年11月。

※ 住友による経営は6月より

 

 

≪栄町≫



在:紋別市鴻之舞栄町

 

 鴻之舞地区の最下流。御国(みくに)橋より約750m南までの区域。特に何も見当たらず。道道沿いには「栄町跡」の看板があるが、位置は末広町地内であるよう。

 


写真1 看板

 

≪末広町≫



在:紋別市鴻之舞末広町

 

 栄町の南。栄町との境界から現在の沈殿池北端辺りまでの区域。かつては倶知安内(くっちゃんない)精錬所などがあった。道道には鴻紋(こうもん)軌道(※)の橋梁(五号坑橋)が見られる(写真3)。

※ 紋別―鴻之舞間28kmの軽便鉄道。昭和18年6月完成。資材と生活物資の輸送に用いられ、休山後は転用資材の輸送も行った

 


写真2 看板

写真3 道道と軌道の橋

写真4 遺構

写真5 遺構

写真6 遺構

写真7 遺構

写真8 往時の精錬所(住吉町の看板より)

 

≪住吉町≫



在:紋別市鴻之舞住吉町

 

 末広町の南。末広町の境界から約750m南までの区域。現在は沈殿池(排水の中和。平成10年完成)とその関連施設がある。

 


写真9 看板

写真10 沈殿池関連施設

写真11 平坦地

写真12 壁

写真13 敷地入口

写真14 集合住宅?の跡

写真15 清明寮跡

 

≪元町≫



在:紋別市鴻之舞元町

 

 住吉町の南。末広町の境界から約500m南までの区域。集落の中心地で、元町商店街・学校・消防署・診療所・役場支所・鴻恩寺・病院・恩栄(おんえい)館(行事兼映画の会場。昭和12年完成)などがあった。光風殿(武道館)があったのもここだろうか。現在は慰霊碑や鴻紋軌道記念碑、鴻之舞金山跡の碑が立つ。

 


写真16 看板

写真17 小学校の碑

写真18 中学校の碑

写真19 中学校方面への橋

写真20 中学校付近にて

写真21 慰霊碑

写真22 金鉱石(左)と鴻紋軌道記念碑。奥は軌道の遺構か

写真23 神社の碑

写真24 神社の石段

写真25 神社跡

写真26 神社付近にて

写真27 忠魂碑

写真28 顕彰碑(金山発見功労者を讃えるもの)

写真29 施設跡(2013年撮影)

写真30 建物跡(2013年撮影)

写真31 家屋

写真32 廃屋

写真33 遺構

写真34 何かの建造物

写真35 壁

写真36 中央販売所(住吉町の看板より)

写真37 小学校(住吉町の看板より)

 

≪喜楽町≫



在:紋別市鴻之舞喜楽町

 

 元町の南。元町の境界から約600m南(藻鼈蛇行部付近の橋梁。名称失念)までの区域。現地に残る大きな煙突(写真38)は、「製金所」のものだろうか。

 


写真38 看板

写真39 煙突(2013年撮影)

写真40 施設跡(2013年撮影)

写真41 写真39にて(2013年撮影)

写真42 遺構(2013年撮影)

写真43 建造物

写真44 建造物の一部

写真45 土台

写真46 何かの建造物

写真47 何かの建造物

写真48 何かの建造物

写真49 何かの建造物

 

≪旭町≫



在:紋別市鴻之舞旭町

 

 喜楽町の南。喜楽町の境界から約250m南までの区域。全域が住宅地のよう。

 


写真50 看板

写真51 集合住宅

写真52 写真50の一室

写真53 屋敷跡

 

≪金竜町≫



在:紋別市鴻之舞金竜町

 

 旭町の南。喜楽町の境界から約550m南までの区域。全域が住宅地のよう。
 住宅等の痕跡は見つからなかったが、「鴻之舞墓地入口」と書かれた看板の立つ谷沿いには堂宇と「仏舎利」と刻まれた金鉱石の碑、火葬場の煙突が見られた(位置は字鴻之舞になる)。

 


写真54 看板

写真55 屋敷跡?

写真56 墓地看板

写真57 堂宇と碑

写真58 煙突

 

≪泉町≫



在:紋別市鴻之舞泉町

 

 鴻之舞地区の最上流。藻鼈川と上鴻之舞右沢川の合流部付近。特に何も見当たらないが、道道の橋の袂(藻鼈川左岸)には廃屋がある。

 


写真59 廃屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ