戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上茂宇津内(かみもうつない)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「濱頓別」(昭和22.2)を使用したものである

在:浜頓別町上茂宇津内
地形図:下頓別/浜頓別
形態:川沿いに家屋が散らばる
標高:約20m
訪問:2012年6

 

 町の西南部、茂宇津内川沿いにある
 町史および「角川」によると、
戦後の開拓者によって誕生した集落。夏は畑作、冬は造材山での労務で暮らしていた。昭和58年無人となる。
 以下は学校の沿革。

 昭和24.2

 下頓別小学校上茂宇津内分校開校。造材事業所仮校舎とする

 昭和25.12  校舎建築

 昭和36

 廃校

 現地には農地跡を利用した採草地になっており、建物も見られない。学校跡も分からず。

 


写真1 倒潰家屋

写真2 遺構(木立の中)

写真3 採草地

写真4 同

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ