会長挨拶


2017〜2018年度
会長 川本博司
2017年度〜2018年度「会長方針」会長 川本博司
                  クラブテーマ  Give 
田辺はまゆうロータリークラブが産声をあげたのは1992年であります。その当時の事を私も記憶に留めていますが、それには理由があります。私は結婚を控えて準備で大変忙しかったのですが、父親もクラブのチャーターメンバーとして創設の準備そして運営に携わらせていただいており、その事務局も私たちの住まいの1階を使っていただくという熱の入れようで、お互い非常に忙しい日々を過ごしていたからであります。

その父親も10年間ほど在籍させていただき、まだまだやりたい事や行きたい所も沢山あったと思いますが、病には勝てず他界しました。ロータリークラブの事が大好きで色んな所に出かけて楽しそうにしている姿が今でも瞼に焼き付いております。母親にはクラブでの出来事を聞かせたりしてお互い嬉しそうな笑顔をいつも浮かべておりました。こんな些細などこにでもある情景ですが、そういう趣もロータリーの魅力であって自身のロータリーと向き合う原動力になっていたような気が致します。

クラブに、心の許せる大好きな仲間が沢山いて魅力満載の事柄がいっぱいあったのかと想像出来ます。活気に溢れた素晴らしいクラブ、参加するのが楽しいと感じるクラブ、その中でいかされた奉仕の実践、少しでもそのイメージに近づけるよう努力したいと考えます。

廣畑富雄 著「ロータリ−の心と原点」にも紹介をされていましたが、書道家の柳田泰雲さんの言葉が私は大好きです。ロータリーには大きく言って5つの得るものがある。「良き友、良い友人を得る事が出来る」「寛容の精神のもと、人と相和する事が出来る」「例会を通じて色々な教訓を得る事が出来る」「それによって心に悟りが得られる」「最後にそれらを得ることによって、天寿、長寿が得られる」
最後のところは人の運命なので、誰にも分かりませんが、少なからずそうなる確率が高くなるという事でしょう。メンバーの皆様が、例え僅かかもしれませんが得られたと実感できる1年にしていきたいです。

私自身はGive and Takeではなく Give and Giveで1年間やっていきたいと思っております。
もう1つ Giveが付いてGive and Give Give ぐらいの気持ちを持って・・・・・     
決してGive upすることなく!  よろしくお願い致します。


幹事挨拶


2017〜2018年度
幹事 杉山竜二
 2017〜2018川本会長のもと、幹事の大任を拝しました。
もとより知識も経験もございませんが、田辺はまゆうロータリーのみなさんのため川本会長の影となり全力でサポートして参ります。

昨年は25周年という事もあり忙しく過ぎた一年であった気がします。
本年はクラブテーマGive!会員みなさんにどれだけ喜び・楽しみを与えられるクラブ運営ができるかを考え頑張っていく決意です。

また、メンバーも増強出来るよう、一人一人が楽しく・勉強になる・生きるかてになるようロータリーの伝統を重んじ幹事として勤めてまいります。

本年もみなさんにご協力頂きますようお願い申し上げます。
▲PAGE TOP

田辺はまゆうロータリークラブ
〒646-0029 和歌山県田辺市東陽1-1 闘雞神社会館内
TEL・FAX 0739-26-6181/ E-Mail : t-hamayu@vm.aikis.or.jp