戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆内美里(うちみざと/ウチンジャト)

所在:東村宮城(みやぎ)字美里原(みさとばる)
地形図:国頭平良/国頭平良
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約3、40m
訪問:2011年1月

 

 大字宮城の西部にある。いのがま(イノーガマ)集落北側の古島(ふるじま)川沿い。古い地図に地名の記載はないが、該当箇所には建物が見られる。
 現地には川の近くに1軒の家屋と農地があるが、奥はきれいに整地されている。整地された場所にはパッションフルーツ?やパパイヤなどの若木が植えられており、将来的には農地として活用されると思われる。スギで囲まれた場所(写真3)は屋敷跡を整地したものか。
 現地で会った元住民の知人の話では、かつては5、6軒。しばらく無住であったが、のち住民が戻り去年まで暮らしていたという。また整地された場所は、外部の人が借りているとのこと。正月で元住民が訪れるということだったが、到着が遅く待機を断念。残念ながら話を聞くことはできなかった。
 村史にはの小地名の解説に「戦前、民家が五軒あった」という記述がある。

 


写真1 家屋

写真2 整地された場所

写真3 同

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ