戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆サンヌマタ(さんぬまた)

在:東村宮城(みやぎ)字内福地原(うちふくじばる)
地形図:国頭平良/国頭平良
形態:川沿いの一軒家
標高:約50m
訪問:―

 

 大字宮城の中部、福地川とサンヌマタ川の合流部付近にある。現在は福地ダムの人造湖(福上(ふくがみ)湖)に水没しているが、無住になったのはダム建設以前。
 最近の地図でも集落付近の湖面に降りる道(旧道)(写真1)が実線として描かれている。ある程度の幅がかつての道であることを窺わせるが、シダや笹・灌木の繁茂、路面の浸蝕などでかなり荒れており
、人の往来もまったくないよう。降り口も分かりにくい。
 村史によると、家は1軒。与那原町出身の上与那原家が宮城の魚(いゆう)集落へ移住した後、大正12、3年頃サンヌマタへ転入。戦後亡くなったという。
 なおWikipediaの「福地川」の項目でも集落について触れられている。

 


写真1 道

写真2 集落付近

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ