戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆樫ノ木(かしのき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「青瀬」(昭和27.5)を使用したものである

在:薩摩川内市下甑町長浜(しもこしきちょうながはま)
地形図:青瀬/手打
異表記:樫の木・樫之木
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:火災

標高:約300m付近?
訪問:(2012年1
月)

 

 長浜の中心部から北にあり、長浜湾と自衛隊基地の中間辺りにある
 林道樫之木線より尾根を伝い訪問を試みたが、山林では竹や灌木の藪がひどく到達はできなかった。ただし途中で遺構の残る土地を確認(写真2)。古い地図での家屋群からはだいぶ離れているようだが、集落に関係するものだろうか。
 村郷土史によると、内川内(うちかわうち)の次男三男が土地を開墾したことにより興った集落であるとのこと。昭和10年には中村・山下・宮野の3世帯。同38年5世帯9人。急斜面に作られた畑では、自給用のイモや麦・豆類を栽培。水は谷から樋で引いていた。昭和38年12月、火災により全戸焼失、その後も再生されることはなかったという。

 


写真1 林道の看板

写真2 何かの跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ