戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆深浦(ふかうら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「西古見」(昭和28.12)を使用したものである

所在:瀬戸内町芝(しば)
地形図:西古見/西古見
アクセント:フカウ
形態:海岸の入り江に家屋が散らばる
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 加計呂間島北部、デリキョンマ崎付近にあり、小さな入り江ごとに1〜数軒の家屋がある。
 芝の方(奥さんが深浦出身)の話では、かつては10軒弱。かつてこの付近の海は良い餌場で、日雇いの漁?で収入を得ていた。現金収入のほかにも自給用の畑を耕し、魚や貝を獲り、生活は豊かであった。昭和50年代までは暮らしている家があった。姓は加藤(かとう)が5軒のほか、富(とみ)・泉(いずみ)・宮畑(みやばた)など。転出先も芝・薩川(さつかわ)・本島の古仁屋(こにや)など様々。集落までの旧道は通れないということだが、海岸伝い(南岸)に行くことができる。
 集落では入り江を2箇所ばかり歩いてみたが、そのうちの1箇所には廃屋が3軒残り(写真3・6・9)、さきの「昭和50年代」という話が納得できる。

 


写真1 浜

写真2 便器

写真3 廃屋

写真4 廃屋にて。「奉納相撲」「豊年相撲」とある

写真5 門

写真6 廃屋

写真7 何かの跡

写真8 渚と石垣(中央やや左)

写真9 写真8内側の廃屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ