戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆深浦(ふかうら?/フカラ)

所在:瀬戸内町古志(こし)
地形図:奄美久慈/湯湾
異表記:古志深浦
アクセント:カラ
形態:浜辺の一軒家
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 古志南部の半島、北の浜辺にある。
 古志で出会った夫妻の話では、かつては1軒。姓は福山(ふくやま)といったが、地元の人はタミシマウジ(※)と呼んでいた。農業をしながら魚貝を獲り、自給自足で生活。昭和35、6年(旦那さん曰く、それ以前)に家主が亡くなり、子がなかったため断絶した。
 なおこの夫妻は、当時深浦に山と田を持っていたため、古志と深浦を頻繁に行き来していたことがあるという。
 現地では瀬戸物や壜、鍋などが散らばる屋敷跡を1箇所確認(写真2)。池のようなものの跡もある。背後の平地は農地だろうか。潮が高いと海岸伝いでの到達は困難と思われるが、どこかに県道から降りられる道がありそう。
 「古志」を冠して呼ぶのは、阿室釜(あむろがま)にある深浦と区別するためだろう。瀬戸内町内にはほかにも「深浦」という地名が多数ある。

※ 「ウジ」は中年男性の呼称。おじさん

 


写真1 浜

写真2 屋敷跡にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ