戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆土泊(どはく)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「古仁屋」(昭和29.12)を使用したものである

所在:瀬戸内町伊須(いす)
地形図:古仁屋/古仁屋
アクセント:ハク
形態:海岸に家屋が集まる
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 本島の南部にある。
 伊須の方(80代)の話では、かつては4、5軒。覚えている範囲では3軒。姓は吉村(よしむら)・新(あらた)・大木(おおき)・里(さと)。田畑があった。戦後の本土復帰のころに無人化。転出先は伊須などばらばら。
 現地では道路より海側に集落の跡を確認できる。緩い傾斜に沿って土地が段々になっており、ここに農地や家屋があったのだろう。

 


写真 集落跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ