戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆場波(ばは)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「古仁屋」(昭和29.12)を使用したものである

所在:瀬戸内町伊須(いす)・阿木名(あぎな)
地形図:古仁屋/古仁屋
アクセント:
形態:海岸に家屋が集まる
標高:数m
訪問:2009年12月

 

 本島の南部にある。
 伊須の方(80代)の話では、かつては3、4軒。姓は大木(おおき)・泉(いずみ)。畑で芋などを作り、自給自足で暮らしていた(サトウキビは商品作物か?)。
 現地では東部のやや高い場所に平坦部(写真2。湾の対岸からも確認できる)が見られたが、古い地図の家屋の場所とは異なり何であるのかは不明。また谷沿いに作業道(車道)を歩いてみたが、木々が茂りよく分からなかった。
 
なお場波の中心の谷筋が伊須と阿木名の境界。古い地図を見る限り、宅地は阿木名ということになる。 

 また地図のスキャン画像で左側に建物が見える場所は「シバ」(表記不明)と呼ばれ、阿木名(あぎな)の所属となる。こちらはかつて1、2軒。保(たもつ)姓。現在は建設会社が所有。

 


写真1 山中より浜を望む

写真2 平地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ