戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆屋所(やどご/ヤレゴ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「屋久島西北部」(昭和21.11)を使用したものである

所在:屋久島町永田(ながた)
地形図:一湊/屋久島西北部
異表記:宿子(橋名板:宿子川・宿子橋)
アクセント:ヤドゴ
形態:谷沿いの斜面に家屋が集まる
標高:約50〜100m
訪問:2011年12

 

 永田の中心部からおよそ3kmほど西にある。
 『世界遺産屋久島 亜熱帯の自然と生態系』によると、「やどごが訛ってヤレゴと呼ばれる」とあり、昭和30年代前半には2、3軒が住んでいたという。
 いったん無住になったのち、現在は1世帯が生活。県道のそばに居を構えている。この方の話では、最後の1軒は有馬(ありま)家で、永田に移転していったという。この有馬氏から土地の一部を譲り受け、平成元年より居住しているとのこと。現在も柑橘の畑があるため、元住民が永田から農作業のために通いで訪れている。
 集落跡は金網が巡らされた畑の中にあるため訪れることはなかったが、県道の高みから畑や家屋を望むことができる。

 


写真 集落風景

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ