戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆瀬切(せぎれ/センギェ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「屋久島西南部」(昭和21.10)を使用したものである

所在:屋久島町永田(ながた)
地形図:永田岳/屋久島西北部
アクセント:セギレ
形態:海沿いの緩傾斜地に家屋が散らばる
標高:約50〜100m?
訪問:2011年12

 

 大字永田の南部、瀬切川付近にある。
 『世界遺産屋久島 亜熱帯の自然と生態系』には、「せぎれが訛ってセンギェと呼ばれる」とある。
 瀬切橋付近の県道から海側に下りると、すぐに集落跡にたどり着く。同じく屋久島西部の無住集落、半山川原と比較し石積みが多く、人の生活があったことが容易に窺い知れる。また眺望を楽しむためか集落跡に訪れている人がいるようで、海に近い一角に海や栗生(くりお)方面を見渡せる少し開けた場所がある。疎林の平坦地で環境が良いのか、シカが多い。

 


写真1 石垣

写真2 石垣

写真3 農地跡?

写真4 遺構

写真5 集落より栗生方面を望む

写真6 瀬切川河口

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ