戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆多古羅(たごら)

在:小林市須木下田(しもだ)
地形図:大森岳
/須木?
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:産業の衰退?

標高:約430m?
訪問:―

 

 綾南(あやみなみ)川の支流、多古羅川沿いにある。手持ちの地図には記載がないため詳細な位置は不明だが、地形や昭和50年代の航空写真から、大森岳の西約2.5kmのやや等高線が緩くなった位置と思われる。
 村史によると、昭和4年に綾(あや)営林署綾南製品事業所が当地に開設。昭和43年村内中原(なかばる)に移転し、従業員世帯31戸は下田の鶴園に移住した。
同書より、学校の沿革は以下のとおり。

(小学校)
 ?  (家庭教育所設立)
 昭和16.4.1  (綾南家庭教育所を綾営林署より須木小学校に移管)
 昭和22.4.1  (須木小学校綾南分校となる)
 昭和27.4.1  多古羅に移転
 昭和43.8.31  廃校

(中学校)
 昭和22  開校。6月27日開校式
 昭和27.4.1  多古羅に移転
 昭和41  廃校。3月17日閉校式

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ