戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆樫(かし



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「尾鈴山」(昭和29.9)を使用したものである

在:西都市(大字なし)
地形図:石河内
/尾鈴山
アクセント:カ
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約200〜250m
訪問:2013年8

 

 小丸(おまる)川の右岸支流沿いにある。地図サイトを見る限りいずれの行政字にも属していないが、道路地図では穂北(ほきた)に含まれる。
 現地には林道沿いに林業小屋があるほか、支流側で屋敷跡と神社跡?が確認でき、路傍には石塔・石仏も見られる。本流からこの支流に通じる道沿いには開けた斜面があり、この付近にも家屋があったよう(写真7)。跡地はよく分からず。
 地元で伺った話では、分かるもので3軒があったとのこと。

 


写真1 屋敷跡にて


写真2 神社跡?

写真3 石塔。「文化四卯」「南無大師偏〓金剛(※)」とある
※ 「偏」は表記ママ。また〓は「照」の下部が「火」

写真4 石仏

写真5 竹林の平坦地

写真6 農地跡

写真7 屋敷跡付近

写真8 何かの跡?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ