戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆下相見(しもそうみ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「尾鈴山」(昭和29.9)を使用したものである

在:西米良村越野尾(こしのお)
地形図:瓢丹淵
/尾鈴山
形態:川沿いの斜面に家屋が少数集まる
離村の背景:ダム建設

標高:約200?〜230m(水面は約190m)
訪問:2013年8

 

 大字越野尾の東部、一ッ瀬(ひとつせ)川沿いにある。
 訪れていたかつての住民によると、もと2軒(本家と分家)。一ッ瀬ダム建設による離村だが、水没は一部の農地に及んだのみ。かつては椎茸・ミツマタ・コウゾ・蒟蒻の栽培や炭焼きを生業とし、自給用の田を作って暮らしていたという。
 現地では湖に突き出た部分の鞍部に水田が残され管理されている。またこの背後の山腹には先述の方が住んでいた宅地がある(未確認)。
 なお米良大橋の南詰から当集落に向かって湖岸沿いに林道(写真6。下相見線)が通じているが、荒廃が著しく西都・西米良の境界までの到達も困難。

 


写真1 一ッ瀬ダム

写真2 道路沿い風景

写真3 湖面の平坦地

写真4 同

写真5 大規模な炭焼き窯跡(赤い部分はフィルムの感光)

写真6 林道

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ