戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆後浜(うしろはま)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「漁生浦」(昭和21.11)を使用したものである

在:新上五島町間伏郷(まぶしごう)字後浜・小後浜?
地形図:奈良尾/有川 漁生浦/漁生浦
アクセント:ウシロハマ
形態:海沿いに家屋が少数集まる
標高:数m

訪問:2015年5

 

 間伏郷の中北部。若松島中部の深い湾内の海辺にある
 湾の奥にある筒ノ浦(つつのうら)集落で伺った話によると、かつては1、2軒。50年くらい前には既に無住となっていたという。農地は自給用の畑があったが田はなかった。手持ちの古い地形図(上の地図画像)では1箇所の家屋が記されているが、この北側、「後」の字の右側の浜にも宅地があり、覚えている家はこちらにあったとのこと。
 訪問は筒ノ浦より。潮が引いていれば海岸の岩場を歩いて容易に到達できる。海岸から少し上がったところには浜と浜を連絡する徒歩道も設けられており、やや荒れているがこちらも利用できる。
 現地ではいずれの浜にも生活の痕跡が確認できたが、より宅地然としていたのは北側のものであった。
 
町誌には、間伏郷の小字名として「後浜」および「小後浜」が記されている。

 


写真1 石垣(以下北側)

写真2 屋敷跡の一部

写真3 徳利

写真4 井戸

写真5 農地跡

写真6 浜(以下南側)

写真7 何かの跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ