戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆一里鼻(いちりばな)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「玉之浦」(昭和21.10)を使用したものである

在:五島市玉之浦町玉之浦(たまのうらまち―)
地形図:玉之浦/玉之浦
アクセント:イチリバナ
形態:海沿いに家屋が集まる
標高:数m

訪問:2015年5

 

 大字玉之浦の北部にある。「河原(こうら)浦」および「山(やま)浦」(いずれも入り江の名)の間に突き出た岬「山浦崎」の付近。古い地形図には地名が記されていないが、地元の方に教えていただいた。
 伺った話によると、もと3軒。少なくとも4、50年前には既に無住となっていたという。
 現地へのルートは、まず河原浦から中須(なかす)までほぼ海沿いを周回する林道(道口林道。ゲートあり)に入り、山浦崎のある半島の付け根からは徒歩道をたどる。
キリスト教様式の墓石のある墓地跡(写真2)が、集落への降り口の目印。現地では屋敷跡を1、2箇所確認した。

 


写真1 集落への道

写真2 稜線上の墓地

写真3 墓石(浜本氏)。右手前に折れた十字架

写真4 平坦地と石垣

写真5 屋敷跡にて。白いものはフェンダー

写真6 屋敷跡

写真7 井戸

写真8 何かの跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ