戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆袋部(ふくろべ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「漁生浦」(昭和21.11)を使用したものである

在:五島市奈留町船廻(なるまちふなまわり)字袋部・(とまり)字袋部
地形図:漁生浦/漁生浦
形態:海沿いから斜面にかけて家屋が集まる
標高:数m〜約20m

訪問:2015年5

 

 島の東部。若松(わかまつ)島との間にある海峡「滝ヶ原瀬戸(たきがはらせと)」に面する海辺にある。集落内を大字の境界が通っており、概ね集落北部が大字船廻、南部が泊
 
町郷土誌によると、昭和40年頃(※)まで5、6世帯が暮らし、半農半漁の苦しい生活をしていたという。山にはシイの実や山柿、海にはアワビやサザエが豊富であった。広い畑と水田もあったよう。通学は船廻まで2時間ほどを要した。
 現在集落までは未鋪装の車道が通じ、訪問は容易。車道の終点が集落付近で、下には集落跡、上には這河原方面へ通じる山道が通っている。現地では数箇所の屋敷跡と、緩い谷に沿った農地跡を確認。

※ 刊行年(平成16)より逆算して記した。本文では「四〇年前頃まで」とある

 


写真1 集落遠景

写真2 屋敷跡

写真3 農地跡

写真4 何かの槽

写真5 屋敷跡

写真6 瓦

写真7 屋敷跡

写真8 屋敷跡

写真9 屋敷跡

写真10 井戸

写真11 水田跡?

写真12 地面の槽

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ