戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆山田(やまだ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「有川」(昭和21.11)を使用したものである

在:新上五島町東神ノ浦郷(ひがしこうのうらごう)
地形図:有川/有川
アクセント:ヤマダ
形態:緩い谷沿いに家屋が散らばる
標高:約100m

訪問:2015年5月

 

 東神ノ浦郷の南部。神ノ浦集落の南西およそ600mの、緩やかな谷間にある集落。
 神ノ浦在住の元住民(67歳)によると、もと7軒。本流側に5軒、支流側に2軒。炭焼きや自給用の農業が主な生業であったという。支流側は畑のみだが、本流沿いには田が広がっていたという。昭和42年頃に水害が起こり、支流側の1軒が罹災(5名が死亡)、これを期に離村が顕著となる。長らく老人1人の1世帯(大谷(おおたに)家)が暮らしていたが、これも数十年前に離村し無住となった。
 谷((とび))沿いの集落への道はしっかりしており、到達は困難ではない。集落に到達すると、明るく開けた田の跡が見える。建物の類はいっさいないが、支流側で1箇所、本流側でも数箇所の屋敷跡を確認できた。

 


写真1 集落風景。平坦地は水田跡

写真2 屋敷跡

写真3 屋敷跡

写真4 屋敷跡

写真5 集落内の道

写真6 電柱

写真7 農地跡

写真8 屋敷跡

写真9 古い屋敷跡?

写真10 階段のある平坦地

写真11 鉄棒

写真12 支流沿いの道

写真13 支流側の屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ