戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆明神原(みょうじんばる)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「濱崎」(昭和21.10)を使用したものである

在:佐賀市三瀬村杠(ゆずりは)
地形図:雷山/浜崎 脊振山/脊振山
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約360m(水面は約370m)

訪問:(2014年11
月)

 

 大字杠の西部、嘉瀬(かせ)川左岸か。現在は北山(ほくざん)ダムの人造湖(北山湖)に水没。
 右岸にあった養行寺(浄土真宗。山号は宝林山)由緒の説明板によると、原口3、芦原・高橋・服巻・松石・百崎・桃崎・杠が各1の計10戸

 また村誌の北山ダムの節によると、ダムは昭和25年12月着工、同32年3月竣工。当地にあった
野波神社はダム建設に伴い詰ノ瀬山に移転改築。しかし昭和48年にはゴルフ場建設のため、さらに中谷山(現在地)に移転したとのこと。

 付近の聞き取りの際に集落の存在を知ったが、その位置が特定できなかったため未確認。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ