戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆内蔵(うちのくら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「行橋」(昭和23.10)を使用したものである

在:行橋市内蔵
地形図:金田
/行橋
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
標高:約220〜250m
訪問:2014年11

 

 市の西部、小波瀬(おばせ)川上流部の右岸支流沿いにある。北九州市小倉南区との境界にも近い。
 県道沿いの屋敷跡を確認した後、大字矢山(ややま)との境界付近から谷に降り上流に向かって谷沿いを踏査。しばらくは僅かな農地跡しか確認できないが、小倉南区との境界付近で明瞭な屋敷跡や、やや広い農地跡、何かを祀った祠(写真9)が確認できた。なお
付近では、小倉南区にある石灰石の鉱山会社の関連施設が稼動中。施設に通じる道沿いでも祠(写真10)が見られるが、集落に関する元来の石仏だろう。
 付近で伺った話では、分かるものでは3、4軒が暮らし(うち1軒は水上(みずかみ)家)、炭焼きや農業(自給用の田)で暮らしていたという。

 


写真1 屋敷跡

写真2 何かの跡(木の根元右側に遺構)

写真3 農地跡?

写真4 旧道?の橋

写真5 屋敷跡

写真6 屋敷跡の遺構

写真7 道

写真8 写真9前の石段

写真9 小祠と巨木

写真10

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ