戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆米冠(しりかんげ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「背振山」(昭和21.10)を使用したものである

在:那珂川町上梶原(かみかじわら)
地形図:不入道
/脊振山
異表記:米冠掛
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約250m
訪問:2014年11

 

 大字上梶原の南部、梶原川の上流部にある。資料『郷土誌 那珂川』での表記は「米冠掛」。
 同書によると、「大正の終わりごろまでは四軒の家があったが、いまは、屋敷跡とみられる箇所がいくつかあるだけで、一帯は山林である」とある。また当時はどの家も裕福で、こと1軒は豪壮な家を持つ質屋であったという。さらに当地に祀られていた「豊前(ぶぜん)坊」は、転出が進むにおよび榎木谷(※)へ、のち中の瀬(※)に移された

 現在は県道沿いを中心に造園業者の敷地や別荘、現住と思われる新しい家屋があり、人の営みがある。支流の小高い場所で1箇所の屋敷跡と何かが祀られていた跡を確認したが、先述の豊前坊だろうか。

※ 「榎木谷」は、ここから1.5kmほど下流の集落(旧版地形図で「江ノ木谷」とある)と思われる。「中の瀬」は不明だが、刊行当時(昭和51)の「現在地」を指している

 


写真1 屋敷跡

写真2 写真1にて

写真3 何かが祀られていた跡?(写真奥に石積みの基礎)

写真4 農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ