戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆鮎帰(あゆがえり)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「吉井」(昭和23.8)および同「甘木」(昭和23.6)を使用したものである
※ 暗色部の「鮎返」は高野河内

在:朝倉市江川(えがわ)
地形図:小石原/吉井 甘木
/甘木
形態:川の合流部に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約200m(水面は約210m)
訪問:2014年11

 

 大字江川の中部、小石原(こいしわら)川沿右岸にある。支流の谷を挟んだ西側は高野河内
 現在は江川ダムの人造湖(美奈宜(みなぎ)湖)に水没しているが、付替国道沿いには食事処を兼ねた民宿が営業している(現住?)ほか、休業していると思われる酒店もある。
 市史によると、江川ダムは昭和47年7月完成。これに伴い高野河内と併せ18戸が転出。ダムサイトの水没記念碑によると、その内訳は高津7・荒瀬5、安陪・内田・大河内・川上・清水・中村が各1。

 


写真1 集落遠景。白い建物は何かのプレハブ

写真2 国道沿いの風景

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ