戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆送畑(おくりばた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大栃」(昭和28.12)を使用したものである

所在:香美市物部町山崎(ものべちょうやまさき)
地形図:大栃/大栃
形態:川沿いから斜面にかけて家屋が散らばる
標高:約33
0〜580m
訪問:2014年12

 

 大字山崎、則友(のりとも)川支流沿いの山中にある。
 家々は標高およそ450〜500mの辺りに集中しているが、川沿いの低い場所(約330m付近)にも人家があり、ここではこれも含めた(写真1-3)。
 訪問はまずこの低地より。ここには神社と屋敷跡、墓地(小松家)が残されている。高所でも廃屋や屋敷跡が複数見られたほか、墓地が西側の尾根上(写真5。多くは宮本氏で、1基のみ西本氏)と東側の集落内(写真13。小松家)にある。
 『物部村志』によると、聖神社と竈戸神社があったようで、前者は旧村社であった。

 


写真1 神社(以下川沿い)


写真2 屋敷跡

写真3 墓地

写真4 索道の巻上機(以下山中、概ね西側より)

写真5 墓地

写真6 建物跡

写真7 道沿いの石仏。奥は「八十三 一のみや」「かんぜおんぼさつ」、中は「八十一…」「千手くわんおん」、手前は「八十二…(祢ごろ?)」「千手くわんおん」、台座には「送畑 小松」などとある

写真8 廃屋

写真9 家屋

写真10 軒下の看板

写真11 廃車

写真12 屋敷跡

写真13 墓地

写真14 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ