戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上茶屋敷(えてやしき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「日比原」(昭和29.3)を使用したものである

所在:いの町清水上分(かみぶん)字上茶屋敷
地形図:日比原/日比原
アクセント:エテヤシキ
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:多くが災害(1世帯現住)
標高:約350〜400m
訪問:2009年10月

 

 清水上分の南部、枝川(えだがわ)川支流の上流部にある。
 
地元の方(元住民・払川(はらがわ)在住)の話では、かつては6軒で現在は1軒。昭和40年代の台風で大きな被害があり、ほとんどが転出してしまった。山仕事が主な生業で、農業として奥伊守川などとともに蒟蒻芋の生産も盛んだった。
 
車道の終点からモノレールに沿ってしばらく山道を登ると、現住の家屋が見える(写真1。訪ねた際は留守のようだった)。この家の裏手にも屋敷跡や農地跡があり、物置小屋も残る(写真2)。谷を越え東側でも、屋敷跡・農地跡・墓地が見られる。墓地では川村姓・伊東姓を確認。

 


写真1 人家

写真2 屋敷跡にて

写真3 物置小屋

写真4 屋敷跡の石垣

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ