戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆今宮(いまみや)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石鎚山」(昭和22.3)を使用したものである

所在:西条市中奥(なかおく)丁字今宮
地形図:石鎚山/瓶ヶ森
形態:山中の斜面に家屋が多数集まる
標高:約550〜650m
訪問:2008年8月・2018年8月

 

 大字中奥の南西部(中奥丁)、加茂川左岸側の山中にある。小松町【現・西条市】石鎚の河口(こうぐち)集落から石鎚神社成就(じょうじゅ)社までの道のりに位置する。石鎚登山ロープウェイが開通するまで石鎚山登山のメインルートのひとつ(今宮道)で、かつては石鎚参りの人々のための宿屋があり24、5軒くらいの家があった。
 現在は集落内を林道(今宮線)が通っているので、車輛での訪問が可能。集落では校舎をはじめ複数の廃屋や倒潰家屋、屋敷跡が見られた。
 市誌(昭和41年刊)によると、昭和33年5月現在34戸142人。
 HEYANEKO氏によると、当地にあった学校は高嶺小学校今宮分校(昭和47年閉校)。
 2018年再訪。

 


(写真1 今宮登山道登り口。河口にて)
(以下2018年撮影。2008年はフィルム紛失のため写真なし)


写真2 廃屋


写真3 路傍の石仏


写真4 廃屋


写真5 廃屋


写真6 廃屋


写真7 校舎


写真8 校地の石柱。「卒業記念」とある


写真9 校舎にて。廊下


写真10 同。教室


写真11 同。看板


写真12 校舎前の建物


写真13 屋敷跡


写真14 写真13母屋


写真15 墓


写真16 廃屋


写真17 家屋


写真18 道と石垣


写真19 廃屋


写真20 墓


写真21 小祠


写真22 墓


写真23 小祠


写真24 廃屋


写真25 石仏


写真26 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ