戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆寺野(てらの)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新居濱」(昭和23.4)を使用したものである

所在:四国中央市富郷町津根山(つねやま)
地形図:弟地/新居浜
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約420〜500m(水面は約450m)
訪問:2009年10月

 

 富郷ダムの人造湖(法皇(ほうおう)湖)により移転・一部水没した集落。『伊予三島市 嶺南』によると、戸数は昭和7313戸、同561018戸。
 
完全に水没しておらず、数軒の家屋(写真1)や墓地などが今も残る。湖畔には展示施設があり、敷地内には茅葺きの保存民家や移転の記念碑(写真2)がある。八幡神社(写真3)もあるが、元の場所から移転したものか。施設の方の話では、残る人家は管理されているものの無住であるという。
 
古くからの姓は中内・細川(津根山全体では高橋・曽我部・近藤も)。

 「三椏及椎茸の栽培盛んなり又木炭を製造するもの多し戸数十二三戸に及ぶ、中央に観福寺あり同寺の上方に新田義宗公及義貞公を祀れる新田神社あり、又良質の牛蒡を産し寺野牛蒡の名あり」(『ふるさと富郷村』)

 


写真1 家屋

写真2 碑

写真3 神社

写真4 展示施設にて。寺野は写真下の蛇行部分内側

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ