戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆杖立(つえたて)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「劍山」(昭和28.9)を使用したものである

所在:美馬市木屋平字杖立(字小日浦(こびうら)?)
地形図:阿波川井/剣山
形態:山中に家屋が集まる
標高:約700m
訪問:(2011年11月)

 

 村の北東部、穴吹川右岸支流の上流にある
 
村史によると、無住になったのは昭和30年。明治年代には6戸あったという。集落には聖権現があったが、のち麓の小日浦の人々が祭ることとなる。集落の祖は崩峯(つえむね)(※)といわれ、同家は麻衣(あさぎぬ:集落名)の極楽寺檀家の最上席の位があったという。
 小日浦の方の話では、覚えているもので2軒。1軒は昭和入ってから転出。もう1軒は村史の記述と異なり昭和42年に転出したとのこと。炭焼き・林業のほか、商品作物として蒟蒻芋を栽培して暮らしていた。蒟蒻芋は竹屋敷(たけやしき)にあった農協に出荷していたという。ほか自給用の芋や麦も栽培。道は今丸(いままる)からも通じているが、生活道路としては小日浦経由の道を使っていた。姓は尾脇(おわき)など。
 話を伺う前に踏み跡を2箇所ほどたどってみたが、いずれも集落方面には向かっていなかった
。話によると道も集落跡の植林地も非常に荒れているとのことで、訪問を諦めた。

※ 読みは地元の方の話で確認。小日浦にも崩峯家があったが(杖立から転入したもの?)、現在は転出

 

 

◆◆写真はありません◆◆

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ