戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆宇井ノ内(ういのうち)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「北川」(昭和28.11)を使用したものである

所在:那賀町木頭折宇(おりう)字宇井ノ内
地形図:湯桶丸/北川
アクセント:ウイノウチ
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:集落整備事業?
標高:約520m
訪問:2008年9月

 

 那賀(なか)川上流の支流、南(みなみ)川の中流部にある。
 訪問時は3人が集落内にいたが、このうちの1人の話によると3、40年前に定住者がいなくなった。この方は家の修繕などで戻ってきており、今回も含め時々泊まりに来ているという。もとは8、9軒で、林業を主な仕事としていた。少しばかりの田もあった。現在残っている家屋は3軒。ほか1軒は倒潰して残っている。集落内には神社(住吉神社)があるが、現在は村内の和無田(わんだ)に移転・合祀されている。話を伺ったあと集落内を回っていると、神社の場所を教えてくれた。
 昭和31年、小字宇井ノ内で5世帯30人。

 


写真1 人家


写真2 神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ