戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆権田(ごんだ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「北川」(昭和28.11)を使用したものである

所在:那賀町木頭折宇(おりう)字権田
地形図:湯桶丸・阿波出原/北川
形態:川岸の一軒家
標高:約470m
訪問:2008年9月

 

 那賀(なか)川上流の支流の南(みなみ)川沿い、現在の美那川キャンプ村の対岸にある。古い地図では1軒の建物が見られる。
 キャンプ場内の吊り橋を渡ると、山道に沿って古い外灯が設置されている(写真1)。しばらく歩くと石垣が見え、ほどなく屋敷跡に着く。川に向かって田の跡が広がる。ここから下流
日早 につながる道が延びているはずだが、道なりに進んでも川に沿うばかり。尾根に上がって標高が高くなる箇所があるが、また下ってしまうので日早につながる道ではなさそうだ。
 
宇井ノ内方の話では、もともと1軒。集落整備事業の前には既にいなかったとのこと。田があった。

 


写真1 外灯(中央やや左)


写真2 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ