戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆鉢久保(はちくぼ)

所在:那賀町木頭(きとう)字かしむね向イ?
地形図:長安口貯水池/桜谷
形態:山の稜線近くに家屋が集まる
標高:約550m(旧役場は約250m)
訪問:2008年9月

 

 坂州木頭(さかしゅうきとう)川の右岸で、木頭下(きとうしも)(旧称広野)集落向かいの稜線近くにある。古い地図には見られない。
 食糧増産と農業振興のため、戦後に開拓された集落。昭和21年1月、山林所有者・開墾者・事業監督者の間に鉢久保の開墾に関する土地貸借契約書が作成された。昭和35年7世帯29人、昭和40年4世帯14人、昭和45年2世帯8人。昭和48年石本・笹川・西谷の3戸(男5・女5)。
 最近の地図には載っていないが、大字坂州(さかしゅう)より鉢久保まで車道が延びている。林道鉢久保線として年々拡幅工事が進んでいるが、工事箇所が終わると軽自動車がすれすれで通れるくらいの幅になる。集落には3軒の家屋が残っており、うち2軒はしばしば人の出入りがある雰囲気。
 旧上那賀町
松久保方の話では、40年くらい前(1960年代)には1、2軒が暮らしていた。

 


写真1 集落入口付近


写真2 人家

写真3 廃車

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ