戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆六丁(ろくちょう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「櫻谷」(昭和26.9)を使用したものである

所在:那賀町丈ヶ谷(じょうがたに)字六丁日浦(―ひうら)・六丁蔭榜示(―かげほうじ)
地形図:小川口/桜谷
アクセント:ロチョー
形態:川沿いに2つの家屋群がある
標高:下流・約450m 上流・約600m?
訪問:2008年9月

 

 那賀(なか)川の支流、古屋谷(ふるやだに)川の上流にある。霧越(きりごえ)峠の北東。古い地図では5軒くらいの建物が見られる。
 昭和21年ころには3戸が居住していたが、その後年を追って各戸とも平谷(ひらだに)へ転出。
 現在は霧越峠まで林道(六丁轟林道)が延びており、この林道沿いにも2軒の廃屋を見ることができる(古い地図には載っていない)(写真)。古い地図の5軒のうち4軒が支流の谷川との合流部に集まっているが、降り口が分からず訪れることができなかった。
 川俣(かわまた) の方の話では、上と下とで併せて4、5軒の家があった。氏神さんのある場所(訪れることができなかった場所にあると思われる)には、離村後もしばらく人の行き来があったが、最近は見なくなった。ちなみに林道ができた時(1980年代?)、近所の人と遠足さながらにお菓子などを持って歩きに行ったそう。
 なお古屋谷川の中流部は大字川俣だが
オソ谷過ぎると丈ヶ谷に入る。

 


写真 廃屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ