戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆古田(ふるた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「櫻谷」(昭和26.9)を使用したものである

所在:上那賀町大殿(おおとの)字古田ほか?
地形図:長安口貯水池/桜谷
形態:山中の尾根にある一軒家?
標高:約460m
訪問:2008年9月

 

 那賀(なか)川の右岸、柳瀬(やなぜ)集落の南の尾根上にある。古い地図では2軒の建物が見られ、最近の地図では畑の記号がある。
 地元の方の話では、集落のことは知らないという。古田のすぐ下の谷にモノレールが敷設されているので、これが登り口ではないかとのこと。実際に登り口があったが、水道関係の施設でモノレール・山道とも終点になってしまった。周囲には石垣が築かれており農地があったと思われるが、標高から考えて古田とは無関係だろう。姥ヶ谷(うばがたに)集落より道がつながっていたのかもしれない。
 小字名に古田・古田ノ下・古田ノ向があり、大殿字古田4番地に品川(大正12年まで)、ほか秋月。大正9年品川家男3、秋月家男4・女2。

 


写真 
堂ノ尾より集落のあった尾根を望む

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ