戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆堂ノ尾(どうのお)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「櫻谷」(昭和26.9)を使用したものである

所在:那賀町平谷(ひらだに)字堂ノ尾
地形図:長安口貯水池/桜谷
形態:山中の尾根に家屋が集まる
標高:約450〜500m(吊り橋は250m)
訪問:2008年9月

 

 那賀(なか)川と丈ヶ谷(じょうがたに)川の合流部の尾根上にある。古い地図では4軒くらいの建物が見られる。平谷の中心部付近より吊り橋が架かり、対岸へ渡って尾根を登るのが本来のルートだが、現在は大字日真(ひま)より下司(げし)集落を経由する林道が延びている。
 林道を進んでいくと、やがて植林に覆われた石垣が見えてくる。訪問時は、ちょうど林道の工事中の箇所だった。松久保の林道とつなげる計画のよう。付近を分け入ると、屋敷跡(写真1・2)や古い墓地が見られ、尾根上には段々になった農地の跡が広がっている。墓石のひとつには「弘化二巳七月…」といった文字も見られる。
 
松久保方の話では、知っている範囲で3軒の家があったそう。

 


写真1 屋敷跡


写真2 屋敷跡

写真3 古い墓石

写真4 集落内の道

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ