戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆寺地(てらじ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「劍山」(昭和28.9)を使用したものである

所在:つるぎ町一宇字寺地
地形図:阿波古見/剣山
形態:山中に家屋が散らばる
標高:約650m〜
訪問:―

 

 村の北部にある。
 村史によると、かつてこの地に宝珠寺があったと伝えられ、その寺領であったことが集落名の起こりとなったよう。
 東部の「寺地」と西部の「大屋敷」に細分され、記載されている家は以下のとおり(「―」は記載なし。No.9の本田家はほぼ中央に位置し、所属は管理人の判断による)。

≪寺地≫

番号 屋号 備考
1 なこう 寺地  
2 かみじ 集落内最古の家といわれる
3 堂の前 寺地  
4 上こうくぼ  
5 下こうくぼ  
6 ぶじようし  
7 すえ  
8 はち

 
9 ひうら 本田  

≪大屋敷≫

番号 屋号 備考
10 いんきょ 山内  
11  
12 大中  
13 なかの 中内  
14 にし 大中  
15 ひがし 西内  
16 山内  
17

中西

 
18 いわのさこ  
19 かくれいわ 篠原  
20  
21  
22 弘保  

 また索道が3本設けられており、それぞれNo.2(寺地索道)・No.9(本田索道)・No.13および14(大屋敷索道)が発着点となっている(昭和38年本田索道・寺地索道架設。同39年大屋敷索道架設)。また阿弥陀堂がNo.2の前にある。
 寺地には「七人塚」が7基点在。昔七人の武士が落ち延びて集落を拓き、死後その霊を祀ったものと伝わる。
 昭和23年電気点灯。
 22戸のうち農家19(専業7・兼業12)、日雇い労働2、出稼ぎ1(昭和45年)。
 昭和25年33戸191人、同35年28戸158人、同45年18戸104人(国勢調査)。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ