戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆樽床(たるとこ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「三段峽」(昭和32.11)および同「木津賀」(昭和33.1)を使用したものである

在:北広島町西八幡原(にしやわたはら)・東八幡原(ひがしやわたはら)
地形図:三段峡
/三段峡 木津賀/臥龍山
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設

標高:約740m(水面は約740m)
訪問:2013年5

 

 大字西八幡原および東八幡原の南部、柴木(しばき)川沿いにある。現在は樽床ダムの人造湖(聖(ひじり)湖)に水没。
 右岸堰堤近くには芸北民俗博物館(写真3)があり、集落の民具等を展示(訪問時は閉館)。また移築された民家が「清水庵」と称し併設されている(写真4。訪問時は雪害により立入禁止)。その隣には「西樽床報徳社」(※)を記念した小さな公園(写真5)があり、功労者後藤吾妻氏の胸像(「離郷者望郷之碑」を兼ねる)がある。碑によると、昭和32年73戸がダム建設のために離散。内訳は小笠原18・後藤9・藤原6・和田5・清水4・兒高4・由茅4・斎藤3・小田2・桧2・平田2・平馬2・池田・出上・岩本・上田・柏木・吉瀬・佐々木・中場・福田・堀田・迎井各1。
 また
湖畔にはかつての住民関係者が管理していると思われる家屋が数戸散在する。一瞥する限り、湖畔から往時の痕跡は認められなかった。

※ 後藤吾妻氏が創設した、山村僻地住民の相互扶助を目的とした組織(社団法人)。集落の解散まで道路の敷設や施設の建設、開墾等に励んだ。設立当初は「西樽床三才記念報徳社」

追記:2013年12月、HEYANEKO氏より「樽床小学校」が存在していたという旨の報告がありました。「全国学校名鑑」には昭和32年までの児童数の記載があり、以後は記載がないためダム建設の際に閉校したのではないかとのことです(なお昭和34年3月以前の閉校ため、「廃村と過疎の風景」のリストには入っていません)。

 


写真1 樽床ダム

写真2 集落付近

写真3 博物館

写真4 移築民家

写真5 園地(中央に碑・胸像)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ