戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆戸谷(とたに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「徳佐中」(昭和22.3)を使用したものである

所在:津和野町部栄(ぶさか)
地形図:十種ヶ峰/徳佐中
形態:谷沿いに家屋が集まる

標高:約270m
訪問:2015年8月

 

 大字部栄の西部、戸谷川(津和野川の支流)の上流部にある。
 地図画像の下側が本流で、上側が支流。まず本流側を訪れ、谷沿いに段々になった農地跡を確認。屋敷跡の特定はできなかったが、右岸側でそれらしい痕跡は見られた。支流側では本流よりも農地跡が広く見られたが、屋敷跡は未確認。神社跡は分からず。読みは下流に架かる戸谷口(とたにぐち)橋より。

 


写真1 途中の小屋

写真2 写真1対岸の農地跡

写真3 神社の記号付近(以下本流)


写真4 集落風景


写真5 農地跡の石垣

写真6 屋敷跡の石積み?

写真7 「妙真造林地」(ここまで本流)

写真8 谷と石垣(以下支流)

写真9 農地跡

写真10 農地跡の石垣

写真11 建物跡?の平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ