戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆月貫(つきのき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「石見大田」(昭和35.3)を使用したものである

所在:出雲市多伎町奥田儀(おくたぎ)
地形図:石見大田/石見大田
形態:谷沿いに家屋が集まる

離村の背景:最終は災害?

標高:約250m
訪問:2012年8

 

 大字奥田儀の中部、宮本川の支流沿いにある。
 付近で伺った話によると、分かる範囲で伊藤(いとう)家・川上(かわかみ)家・藤原(ふじわら)家の3軒。水田を耕作するなどして生活。伊藤家が最後の住民で、昭和39年の災害前後に転出したのではないかという。他の2軒は戦後には既に離村。川上家は大社町荒木(あらき)地区、藤原家は多伎町多伎へ転出。
 訪問は宮本より。旧版地形図には寺院付近と西隣の谷沿いの道があるが、前者は不明瞭、後者も堰堤で消滅している。尾根筋をたどると神社方面から?の道に合流し、集落まで続く。帰路はこの道をたどってみたが途中で不明瞭になってしまった。
 現地は植林がされているためある程度人の手が入っているが、左岸側に回ると荒廃が目立つ。確定できた屋敷跡は右岸側の1箇所(写真3)で、溜め池の様な凹地が脇にある。

 


写真1 看板(以下右岸)

写真2 屋敷跡?の石垣

写真3 屋敷跡の石垣

写真4 写真3にて。甕の破片

写真5 屋敷跡?の石垣(以下左岸)

写真6 農地跡

写真7 集落内の道

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ