戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆後平(うしろびら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「川本」(昭和30.2)を使用したものである

所在:江津市桜江町谷住郷(たにじゅうごう)
地形図:川戸/川本
アクセント:ウシロビラ
形態:山中に家屋が集まる

標高:約330m
訪問:2012年8

 

 大字谷住郷の東部にある。江(ごう)の川の右岸斜面。谷住郷の中心となる集落からは、小谷川左岸側の稜線を越え背後に回ることになる。
 訪問は古い地図に従い谷住郷の中心付近より。
電波塔まで車道で登ると、稜線の裏側へ回る道が付いている。現地では、屋敷跡を2箇所ほどと墓地を確認。下方より道が通じているが、大倉方面からの訪問が可能なのだろうか。
 元住民の子世代の方の話では、かつては3、4軒。離村は昭和20年代。炭焼きや田の耕作で暮らしていたという。ここには椿(つばき)家・春木(はるき)家があったが、両者は本家・分家の関係。春木姓は、椿家から分かれる際に姓の字を入れ替えたものであるという。なお確認した墓石(写真5)には森岡姓も見られたが、これについては知らないとのこと。嫁いできた女性の旧姓か。

 


写真1 集落への道

写真2 屋敷跡にて

写真3 別の屋敷跡

写真4 石垣

写真5 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ